「えっ、調査するだけが探偵?
とんでもありません! 探偵の世界にもいろいろあるのです。
ここでは、一般的にはあまり知られていないちょっと変わった探偵の世界をご紹介します。」



第01話  『不幸中の幸い篇 in山梨 −後編−』  原作:丸原英紀

 ・・・その時の状況から判断できるようにどこから見ても、不信人物であり、なにかものを言うようなら、 ただ苦し紛れの言い訳をしているとしか、解釈できません。情けないやら、恥ずかしいやら、 矛盾は承知の上で、『フリーカメラマンだ』と、見え見えの状態で名乗りとおす中、 私は『山の自然を撮っている』と切り出し、対象者Bの返事は、あっさりと『でも、逆光ずら』であった。
 それでも私は対象者Bの顔の表情を伺いつつ、すかさずに世間話に話の内容を切り替えながらでもなんとか、 なんとか私のペースに持っていくことに成功したわけですが、時間にして約20分くらいだったと思います。

 ここからが、本題のタイトルに相応しい(不幸中の幸い)なのです。
このままでは依頼者のご希望にもそえない、手ぶらで変えるわけにも行かない、探偵としての意地もあるし・・・ 世間話を進めながら何気なくポケットを触るとミノックスの 小型カメラに、気がついたのだった。助かった。

 世間話をしながら畑の農作物に機会を使って消毒薬を散布しはじめる対象者Bにたいして私は、なおもしつこく、世間話で攻めシャッターチャンスの機会を狙った結果、何気ないしぐさで対象者Bのアップ写真を撮ることに成功し、喜ぶ気持ちを押さえ、現場を後にした。 ・・・が喜びも束の間、帰宅後故障したカメラの修理代が意外に高く新品のカメラ約2台分に相当した。

 結果としては成功だったが、今後同じような失敗を繰り返さないためにも、教訓を生かす意味もあって、今でもカメラは常に持ち歩いておりますし、また小型カメラは探偵として、欠かすことのできない7つ道具の中のアイテムの1つでもあることを、わすれません。・・・と言えば聞こえは良いのですが、 実際現像すると思ったより粒子が粗いのは勿論のこと、フラッシュが使えない安物の為、 非常に役立たずの時と場合を兼ね揃えていると同時に、肝心なフィルムの入れ忘れもしばしばですが。

 調査の仕事を通して本来失敗の許されない職業ですが、必ずといっても過言ではない程失敗の連続、 誰から見ても大小かかわらず、失敗とは思えないことであっても私自身、失敗と判断してしまうときがあって、 まぁ価値観の違いとでも言うのでしょうか・・・現在はというと勿論、失敗続きですが あくまでも自分自身の中だけであって、一概に失敗とではなく納得や満足と表現したほうが相応であり、 結果的には成功です。明らかに失敗なのに成功とするのは、どうかと思いますが。

 退屈なお話だったことと思いますが、次回は調査業に携わっている誰もが、必ず一度は困ったご経験をされたと思われる、失敗談をお話いたしますので宜しくお願いいたします。


 このページは月に一度の予定で更新します。またのご来訪をお待ちしています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ご相談・見積り無料

    

Phone : 0428-25-2703 (代) FAX : 0428-25-2704
有限会社 英探偵事務所  〒198-0032 東京都青梅市野上町3丁目4番地の9
P.I. Office of HANABUSA  4-9,Nogami 3-chome Ome-City,Tokyo 198-0032 Japan

(社)日本調査業協会加盟(登録1063号) 東京都調査業協会理事



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Copyright 1998-2003 P. I. Office of HANABUSA. All rights reserved.