「えっ、調査するだけが探偵?
とんでもありません! 探偵の世界にもいろいろあるのです。
ここでは、一般的にはあまり知られていないちょっと変わった探偵の世界をご紹介します。」


第04話  『どーしても我慢できなかった篇 −後編−』  原作:丸原英紀

 張り込みの場合、特にソワソワしがちなのに輪をかけたように落ち着かない状態で、私は周囲を見渡し、現場から200メートル程先のコンビニを発見したが、トイレを我慢した。(※コンビニまでの往復時間は、所要時間を含め2、3分で万が一対象者Aが・・・と考えるとその場を離れる訳にはいかなかったと同時に、以前失敗した経験もあった為。)

でも、我慢の限界に近づくにつれ、追い詰められると、いろんな事を考えるもので『車の影で出してしまおうか』と思ったが、影にならないし、綺麗事で言えば道徳に反する、膀胱が破裂しそうな中、咄嗟に思いついたのが車の中で、情けない一物を雑誌で隠し、缶ジュースの空き缶と情けない一物の焦点がなかなか合わず、ゴソゴソしていたら私の車の横を、歩く人々が妙な顔をして、振り返ってまで通り過ぎるが、私は気にもせずゴソゴソして焦点が定まり、「ジャー・・・あー」爽快な気分も束の間、携帯電話のベルが突然鳴り、対象者Aのす方が見えない・・・その瞬間、オシッコも止まってしまった。
※実際、男はオシッコの最中でも意識的に止めることができるが非常に体に悪い。

慌てて電話に出ると、対象者Bを張り込むスタッフからで、「対象者Bが車に乗って移動中」との連絡、ふと対象者Aの営業所の出入り口から、対象者Aらしき人物の運転する車が、出ていくのが目に入り、私は急いで運転席に移動して、尾行しようと車を走らせようとしたが、慌てていた為か他の車に接触しそうになり、急ブレーキを踏んだのだった。その瞬間に悲劇が起こった、接触せずに済んだという安心感からかさっき途中になっていた、残尿も含めて運転時に待ったをいわずにもらしてしまいました。
※恥ずかしいと言う気持ちより、なんとも表現できない程の快感でした。もう、そうなると途中で止める気も起こらず、最後までいってしまった訳です。

本来「あせ」になってしまうのだが、摂取した水分量が異常だった為、かなりオシッコの量が多く、前よりもおしりの周辺を中心に車の運転席など、誰が見ても『オシッコ漏らしました』とわかる程の地図をかいてしまったのです。お陰で対象者Aも見失ったのですが、車をぶつけたことを考えれば、不幸中の幸いでもあったわけですが、・・・・・・そのすぐ後、携帯電話のベルが鳴り続けていたが、その時の私の気分では誰にも会いたくないのと、話したくないのと、もう家に帰りたいのが先で尿の染みをエアコンで乾かそうとする気もなく、嫌になって自分勝手に現場を後にした。実際、私は仕事を途中で放棄したのだった。
※今では笑い話ではあるが、プロとして失格です。ちなみに当日の着衣の色は明るいグレーで、黒だったら良かったと思ったのと同時に教訓として基本的に水分のとり過ぎに気をつける。ポータブルトイレ(携帯トイレ)などを張込み時には、持参すること。

お陰さまで、私は現在慢性の前立腺炎(尿道炎)と診断され辛い日々を送ると共にいつ、どこでオシッコをする際、陰部のさおの先っぽを針で刺されたような痛みを味わうと思うと、嫌になってしまうのですが、障害おつきあいしなければならないので、仲良く致します。張り込み時には、皆さんもどうかオシッコを、我慢しないように気をつけて下さい。

※帰宅時、部屋に入るや否や、「なんか臭い」と妻に気づかれ、私は理由も話さず口もきく気にはなれないまま、シャワーも浴びることなく床についた次第です。・・・・・汚いなぁ。

UP DATE:2001年4月17日
探偵日誌目次

 このページは月に一度の予定で更新します。またのご来訪をお待ちしています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ご相談・見積り無料

    

Phone : 0428-25-2703 (代) FAX : 0428-25-2704
有限会社 英探偵事務所  〒198-0032 東京都青梅市野上町3丁目4番地の9
P.I. Office of HANABUSA  4-9,Nogami 3-chome Ome-City,Tokyo 198-0032 Japan

(社)日本調査業協会加盟(登録1063号) 東京都調査業協会理事



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Copyright 1998-2003 P. I. Office of HANABUSA. All rights reserved.