「えっ、調査するだけが探偵?
とんでもありません! 探偵の世界にもいろいろあるのです。
ここでは、一般的にはあまり知られていないちょっと変わった探偵の世界をご紹介します。」


第05話  『探偵として立場がなかった篇 −前編−』  原作:丸原英紀

前回「シリーズ第4語」はオシッコを我慢した為に、起きた当然の結果と共に、プロとしては失格な失敗談をお話致しましたが、今回は私たち「探偵」と「依頼者」との立場上から生じた、なんとも「ミットモナイ」失敗談のお話を致します。

季節は暮れのおしつまった12月〜新年を迎える頃、依頼者は東京の三多摩(羽村市)に在住の主婦、受件内容は夫の浮気調査で「浮気の証拠写真並びに浮気の現場を押さえ離婚に必要な、有利な条件の材料にしたい」とのこと、調査対象者は(夫)公務員、依頼者のタイプは"もおー"感情を剥き出しにしたというか物事に対して堪え性のない感じのする女性。決してヒステリックな方ではないが、目常のストレスを周囲の人にぷつけるところあり、自分の失敗を正当化し且つ他人に押しつけ、人の話しにあまり耳を傾けない傾向がアル…。かなり不満が頂点に達している人だと感じた。
※少し悪く言い過ぎてしまいました…淋、私としては、これでも控え目なつもり。

今回の依頼者は、すごく調査に対して協力的なのはいいが、よく言うと協力的"過ぎる"のと、悪く言うと正直な話し調査妨害ともいえる、具体的に話すと私のアドパイスはそっちのけで、白分勝手に先走り目に余るような行動を取りすぎるので、何度か調査を中止しようかと思い、その度、依頼者本人に忠告したような状況であった。
※このままでは対象者に気づかれるか、あるいは浮気の証拠がでないまま、証拠をださないまま終わりか、依頼者に「あなた何を調査してたの!」と詰られて不愉快な思いをするかのような気がすると同時に、先が思いやられそうな予感がしたのである。

3日間の【行動調査】と平行して、依頼者に協力してもらい対象者の携帯電語のメモリ・リダイヤルなど、通話記録から、異性の交友・交遊関係等をしぽりこんだが、特定するにはかなり時間がかかるのと同時に東京都内だけではなく、むしろ埼玉県、栃木県などといった広範囲ともいえる対象者の行動範囲がわかったのだった。
※少なくとも対象者には3人以上特別な関係をもっている女性がいて、公務員の仮面をかぷった「コマシ」だなと思った、個人的な意見でいうと、女性にモテそうなタイプには違いなかったが、この場合浮気の常習だと感じた。
調査をしている間には、依頼者からは「早く証拠をつかめ」だの、「やっぱり料金をまけろ」だの、その他なんの為に調査を依頼したのかわからないような言動が、私の純粋な気持ちにグサリグサリと刺さった。

私を散々罵り、かと思いきや挙句には「色目」とも思える言動で、依頼者が電話での報告を拒むことしばし、会う度に"年齢も考えた上で"ミニスカートからショーツを見てくれといわんぱかりに覗かせ、調査斜を踏み倒さんぱかりの勢いで甘えてくるのだった。

※『調査料金をもっと勉強しろ!」と言う意図的な意味合いを感じると同時に、在り来たりの"手"を使う人だとも感じた。
勿論、依頼者の誘いにはのりませんし、細かい事を話せばもっと強烈な言動も事あったが、読者の皆様にも類似したことがかなりあるのではないかと思います。正直なお話しこの依頼者に限っては、例え通常の(当社)の詞査暑金の5倍出すと言われても、絶対にお断りですね。

ここまで言われて惑っていられません、当然この気持ちを調査の"結果"を早く出す方向にもっていこうと焦りました。
※本当は「シリーズ第5話」のタイトルを「本当に困った依頼者」にした方が相応しかったのかもしれないと感じたが…。

 このページは月に一度の予定で更新します。またのご来訪をお待ちしています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ご相談・見積り無料

    

Phone : 0428-25-2703 (代) FAX : 0428-25-2704
有限会社 英探偵事務所  〒198-0032 東京都青梅市野上町3丁目4番地の9
P.I. Office of HANABUSA  4-9,Nogami 3-chome Ome-City,Tokyo 198-0032 Japan

(社)日本調査業協会加盟(登録1063号) 東京都調査業協会理事



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Copyright 1998-2003 P. I. Office of HANABUSA. All rights reserved.